MENU

金利は使用用途で変わる

お金を借りなければならない状況になったときには、誰もが出来るだけ低い金利で借り入れたいと願うのは当然のことです。
借り入れる際の使い道が、住宅購入・車・教育などのはっきり決まっている場合だと、金利は比較的低く済みます。
使い道が自由なローンを借りる場合は、住宅や自動車ローンと比較すると金利は少し高くなります。

 

無利息キャッシングを検討しよう。

 

その使い道を問われないローンを借りる場合は、まず初めに検討したいのが『無利息キャッシング』です。
無利息、つまり利息のかからない期間が定められているローンです。永遠に金利がかからないわけでは、ありません。
借り入れる金額によって、返済期間によって条件が違ってきます。
例えば、初めての利用という条件はありますが、5万円までの借り入れですと180日間無利息で、              
5万円以上借入限度額までは、通常の金利で借り入れることが出来るというサービスもあります。

 

その他に、初めての利用ですと借入た金額全額を30日間無利息というサービスもあります。
実際に借りるとすればどちらの方を借りた方が、総支払額は安くなるのかなどのシュミレーション出来るWEB公式サイトがあります。
(※会社によって微妙に条件が違うので借り入れの際は、条件を良く確認してください。)

 

低金利で借入れできるか?カギになるのは限度額!

 

借り入れる際に重要なことの一つに金利があります。
金利が、ほんの少し違うだけで、総支払額は大きく違ってきます。
どこの会社も、金利について下限金利 ○%から上限金利◎%と掲載されています。
つまり、借り入れる場合には下限金利 ○%から上限金利◎%の間の金利が適用されるということです。

 

この上限金利と下限金利には結構差があり、自分はいったいどの金利で借り入れが可能なのかが、いちばん気になるところです。
実は、借入利率は利用限度額に応じて異なってきます。

 

また、利用限度額は各々の個人の信用によって変わってきます。個人の信用度が高いほど、借入限度額が高額になってきます。
ですから、借りたい希望額が10万円だったとしても、信用調査の結果、その人の借入限度額が100万円ということもあり得ます。

 

同じ10万円を借りる場合では、 利用限度額の高い人の方が、金利は低くなります。
そんなわけで、借入限度額はできるだけ大きい方が有利だと言えるでしょう。

 

一般に無担保・保証人なしで借りられるローンの全般は、本人への信用がいちばん重要です。

 

ローンを申し込む際には安定収入があることが一番の借入条件ですが、原則として20歳からの利用となっています。

 

年齢の上限は、各社まちまちです。新生銀行のレイクですと満70歳までと一番年齢が高くまで認められています。
安定収入という解釈は金融機関によって違い、年金収入を安定収入とみるかどうかは、評価が分かれるところです。
いずれにしても、給与所得より評価は下がると考えた方が良いでしょう。

 

銀行と業務提携している消費者金融は安心ですが、
いくら多く借り入れたいと希望しても、年収の3分の1を越える金額を借り入れることはできません。
これは、消費者金融が貸金業法を順守しなければならないからです。
貸金業法の中に総量規制というのが定められています。

 

銀行は、この貸金業法は適用されず、銀行法を順守しなければなりません。
このような一見難しいことなど関係無いと思われるかもしれませんが、
微妙に関わってきますので予備知識として覚えておきたいところです。

 

ローンの実行は、すべて信用調査に合格してからです。
年収・勤務先・勤続年数等々により、ご本人が返済可能かどうかをローン会社独自の基準で判断されます。
在籍確認をする場合もあります。
在籍確認というのは、勤務先に在籍しているかどうか電話をかけて確認することです。

 

しかし、最近では在籍確認をしないというサービスをするところが出現しました。
キャッシングカードの受取などを郵送する場合が多いのですが、
そういう郵便物も極力送らない方向のサービスを提供しているところもあります。

 

返済方法は、意外に大事なポイントです。返済方法が便利だと、無駄に金利を払うことが少なくなるからです。
逆に不便だと、雨が降ったら返済を翌日に延ばしたりしかねません。そんな時には、金利を1日分多く支払うことになります。

 

最近多いのが、全国のコンビニの店舗から返却できるサービスです。
24時間いつでも、全国のどこからでも返済が可能というわけです。
他にも、いろいろなサービスが増えてきました。

 

その一つに、女性が安心して利用できるように女性の為のカードローンがあります。
電話対応は、女性のオペレーターが親切に対応してくれます。

 

専業主婦で収入の無い方の場合は、今までは借入することは難しかったのですが、
最近では、専業主婦の為のカードローンサービスを提供しているところもあります。

 

ただし、消費者金融系のカードローンでは、専業主婦は対応していません。
銀行系のカードローンでのサービスになりますので、
始めに専業主婦専門のカードローンがあるか専業主婦カードローンKARIRUで確認してから申し込むようにしましょう。